ようこそ、RIRIY WHITE ANGEL犬舎へ♪

 当犬舎は、マルチーズのブリーディングを専門としています。

 マルチーズは、愛玩犬としての歴史も古く、初めて
 わんちゃんを迎える方も躾けやすく飼いやすい犬種です。
 体臭も少なく、抜け毛もありません。
 白い毛に黒い丸い瞳がとてもチャーミングです。

 そんなマルチーズの魅力があふれた
 家庭犬として育てやすい精神的にも肉体的にも
 健康なマルチーズをブリーディングして育てています。

 マルチーズの歴史から日常の飼い方、しつけ方
 出産情報、子犬の成長をライブカメラで見られます。
 ぬいぐるみのようなかわいい姿をゆっくりご覧下さいませ♪

RIRIY WHITE ANGEL KENNEL
代表 林 美也

2007年01月08日

必要な道具-No1

【愛犬をきれいにする為の手入れに必要な道具を紹介】

*手入れに必要な物*


★ピンブラシ
  長毛のお手入れには必需品

Click Here!


★両面ピンブラシ
  獣ブラシとセットになってる便利なピンブラシ

Click Here!


★コーム
  粗目と細目のコンビのものが使いやすく便利


Click Here!



★スリッカー
  サマーカットの子ではピンブラシの代わりに使用


Click Here!



★はさみ
  パッドの手入れやカットに


Click Here!



★バリカン
  サマーカットには必需品


Click Here!


ニックネーム Ririy White Angel犬舎 at 12:05 | TrackBack(0) | ★ 手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必要な道具-No2

【愛犬をきれいにする為の手入れに必要な道具を紹介】

*手入れに必要な物*


★シャンプー&リンス
  シャンプーとリンスは毛質・体質に合わせてチョイス


Click Here!



★トリートメント
  トリートメントで毛に栄養補給を



Click Here!



★希薄容器
  シャンプーやリンスを薄めて使う容器


Click Here!



★給水タオル
  通常のタオルより給水が良く早く乾きます


Click Here!



★ブラッシングスプレー
  毛切れの防止・乾燥防止にも





★ドライシャンプー
  シャンプーできない時スプレーして使える





★セットペーパー
  ラッピングする時に使うペーパー





★ラッピングゴム
  ラッピングに使用・リボンをつける時も




ニックネーム Ririy White Angel犬舎 at 12:04 | TrackBack(0) | ★ 手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必要な道具-No3

愛犬をきれいにする為の手入れに必要な道具を紹介

【耳の手入れ用品】


★イヤークリーナー
  綿棒にクリーナーをつけて耳掃除





★イヤークリア
  シートに薬剤を浸した簡単手軽に使えます


Click Here!




【目の手入れ用品】


★オプティクリア
  涙と同じ成分で目の洗浄をしマッサージで
  涙の通りをよくする


Click Here!



★ティクリア
  シートタイプの涙ヤケ除去・簡単手軽に使えます


Click Here!




【爪の手入れ用品】


★爪きり
  はさみタイプとこのギロチンタイプがあります


Click Here!



★止血剤
  爪きりの時の出血を止めます


Click Here!




【歯の手入れ用品】


★歯ブラシセット
  歯磨きをする為に歯ブラシ、歯磨きがセットになってます





上で紹介した物は画像をクリックするとネットで購入できます。
ニックネーム Ririy White Angel犬舎 at 12:03 | TrackBack(0) | ★ 手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルチーズ被毛の手入れ

被毛の手入れの仕方を紹介

【*ブラッシングは毎日の習慣*】


マルチーズの毛は細く絡みやすく毛玉ができやすいです。
ブラッシングを怠るとすぐ毛玉になります。
毛玉が通気性を悪くして、皮膚病の元になります。
毎日ブラッシングしていると毛玉も簡単にほぐす事ができます。
1日、少しでも時間を割いて ブラッシングをしましょう。
皮膚の血行をよくして新陳代謝を促し健康増進に役立ちます。
また、飼い主さんとコミュニケーションを持つ事で信頼も生まれます。

ロングコートの場合は、ピンブラシとコームで毛並みに沿って
毛が切れないように注意してとかします。
サマーカットの場合は、柔か目のピンブラシ、
スリッカーブラシを使って、軽くとかします。
毛玉を見つけたら、強引に引っ張らず、端の方から絡んでいる部分を
見ながら少しずつ指で軽く引きはがすようにほぐして行きます。
ある程度ほぐしたらピンブラシでとかし、コームで通りを確認します。
切らないように注意して。

【*ブラシ、コームの使い方*】


ピンブラシやコームは軽く持ち、力を入れてブラッシングしないように
力を入れてすると毛が切れる原因にもなります。

ピンブラシは手首を動かしやすいように軽く握り
親指を添える感じで持ちます。
被毛にピンを差し入れ、腕の力を入れずブラシの重みで滑り落とす
感じで毛先に引き出しブラシします。
力まかせに引っ張ったり皮膚に直接当てないいように注意。

コームは、端の方を指でつまむような感じで軽く持ちます。
被毛にピンを差し入れ、コームの重みで滑り落とす感じで
毛先に引き出しコーミングします。

スリッカーブラシは、柄を指で軽く持ち皮膚に平行に動かして行きます。
力を入れすぎると摩擦で傷が出来やすいので注意。

ブラシやコームは根元から毛並みに沿って入れますが
いきなり根元からとかさないで毛先から少しずつとかすと
やりやすくブラッシング&コーミングできます。
ニックネーム Ririy White Angel犬舎 at 12:02 | TrackBack(7) | ★ 手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルチーズ被毛の手入れ-ロング

ロングの被毛の手入れの仕方を紹介


毛が長くなって来たら食事の時、排泄の時などに毛が汚れやすく
汚れを防止したり、毛が切れるのを防止したり、
動きやすくする為にラッピングをします。
フルコートを目指すのではない場合は、口まわり、肛門周辺以外の
フルセットをするより絡まないゴムで留めるだけで違います。

ラッピングのセットを覚えて行く為にいきなりフルセットを
始めるより、段階を分けて少しずつマスターしましょう。

最初は、頭、口ひげ、尻、尾の4ヵ所から始めます。
次にマスターした4ヶ所に加え、胴から後ろ足にかけてマスターします。
マスターしたら、フルセットをします。
段階を決めてすれば、ラッピングに慣れて時間が短縮されます。

セットをする時の注意は、分け方と止め加減です。
分け方は、足の関節など関節をまたいでセットすると
歩きづらい上に切れ毛の原因になります。
必ず関節の動きを見て上部、下部と分けるようにしましょう。
首の部分は肩の毛と、あごの部分は下の毛と一緒に巻かないように。
肛門部分もしっかり分けてふさいでしまわないようにしましょう。
毛を取った時に引き連れる感じがする時は一度動かして見て
毛がよれないか確認して見るのもいいです。

止め加減は、根元からきつく締め付けたり、緩すぎると余計被毛を
痛める原因になります。
ペーパーで毛を巻く時に、毛がななめに交差したりしなように
1本、1本の毛が流れるような直毛状態になるよう注意しましょう。
セットがきちんとできたかどうか見る為に、セットをほどいた時に
輪ゴムで止めた毛の部分がもつれていなければ問題なくできています。
何度か回数を重ねると自然と手が覚えてくれます。
回数を重ねましょう。

DSCF1572.jpg

DSCF1576.jpg

eriy1-5-26.jpg

ニックネーム Ririy White Angel犬舎 at 12:01 | TrackBack(7) | ★ 手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルチーズ被毛の手入れ-シャンプー

被毛の手入れの仕方を紹介

【*シャンプーの手順*】


シャンプー前には、念入りにブラッシングとコーミングをして
毛玉がないか、ちゃんとほぐします。
この段階できちんとしておかないとドライの時に苦労します。

@肛門腺を絞る
   尾の根元を指ではさむようにつかんで尾全体を持ち上げ
   片方の手で肛門から(時計の8時20分を目安)やや下
   両脇を親指と人差し指で下から上へ押し上げます。
   グリグリとした感触が目安です。
   出来ない場合は、押して引き上げる感じだと出やすい。
Aシャンプー液は事前に薄めて用意しておく
B体に少しぬるめの温度のお湯を全身にかける。まんべんなく濡らす。
  この時、お湯をかけるのはお尻から、シャワーの音に驚く場合は
  シャワーヘッドを体に密着させれば音がしないので安心します。
  顔は嫌がるので、鼻に水が入らないように上に向け固定します。
  どうしても嫌がる場合は、食器洗いスポンジを使ったり
  ガーゼなどを使い、少しずつ濡らして行きましょう。
Cシャンプー液を体にかけ、指腹でマッサージするように泡立てます。
D被毛は手のひらや指腹で一定方向に伸ばすように洗います。
 【ロングの場合】毛を手に取り、毛先に向かって静かに
         伸ばすように洗えば毛の絡みが少なくてすみます。
         桶やバスタブなどにお湯を張り被毛を水中で洗うと
         汚れも取れ切れる事が少ないです。
Eおなかや指、肉球、肛門周りは汚れが付きやすいので
 念入りに洗います。
F尻尾は毛の流れにそり絡まないように注意して洗いましょう。
G耳は毛先に向けて指腹を使い伸ばすように洗います。
H体の泡を使って、最後に頭、顔を洗います。
Iすすぎは、顔からすすぎます。
Jシャンプー液が残らないように、丁寧にすすぎます。
 股、おなか、指などは特に丁寧にすすぎます。
Kトリートメントまたはリンスをします。
Lリンス液がなじんだらすすぎます。
M被毛を絞って水分を取り、犬にも身震いさせます。
 耳に風を入れたらぶるぶるします。
 タオルを押し当てて水分をよく取ります。

【*ドライニング*】


乾いたタオルで何度も水分を取り、ドライヤーですばやく
乾かします。毛の根元に温風を当てる感じで被毛のいたみを
防ぐ為に、近づけないように気をつけましょう。
ドライヤーが近いと犬も熱いだけではなく、毛も乾燥しすぎ
パサついてしまいます。ピンブラシで伸ばしながら
すばやく乾かすように心がけましょう。
乾かし残しを作ると、皮膚病の元になりますし
毛玉の原因にもなります。完全に乾燥しましょう。
タオルを何枚も使い、押し当てて水分をしっかり吸着させると
ドライヤーの時間が短縮されます。


ニックネーム Ririy White Angel犬舎 at 12:00 | TrackBack(7) | ★ 手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

各部の手入れ

各部の手入れの仕方を紹介

【*歯の手入れ*】


柔かい食事ばかりを与えていたり偏食させて歯質を悪化させたりして、
歯垢が残り、歯周病、歯槽膿漏になったりします。
こうなったら、食べ物が食べられなくなったり体の器官にも影響し
健康を害する怖れがあります。
歯石をためないように、歯磨きの習慣を付けましょう。
歯石は硬くなると取りにくくなり、ひどい場合は病院で麻酔をかけて
除去しなければなりません。
歯の手入れは怠らないいうにしましょう。
歯ブラシで毎日歯を優しく磨いてあげるのが何より効果的です。
マルチーズは口が小さいので、指にはめるタイプのブラシや
子供用の小さい歯ブラシなどを使うと効果的です。
歯ブラシを嫌がる犬には指にガーゼを巻いて歯と歯茎を拭いてやると
マッサージにもなり効果があります。
なかなか慣れない場合は、毎日少しずつ習慣にして慣らしましょう。

【*耳の手入れ*】


垂れ耳のマルチーズは耳の通気性が悪く、油断していると
すぐに耳炎になってしまいます。
日常の手入れと点検をまめに行いましょう。
毛抜きや鉗子で耳の中の毛を抜きます。
一気にたくさん抜くのではなく、数日に分けて抜きます。
耳表面の毛は、指でつまんで簡単に抜けます。
汚れは、イヤーローションを綿棒につけて拭き取りパウダーをします。
耳垢が黒っぽかったり悪臭を伴う時は、中耳炎、耳ダニなどの
原因が考えられるので、病院に行き処置してもらいましょう。

【*目の手入れ*】


マルチーズには悩みのタネの目の下が変色する涙ヤケがあります。
目にホコリや毛が入り炎症を起こして涙があふれ出てしまい
その涙が付着した状態にしておくと変色の原因になります。
ローションでまめに拭き取り、ティッシュなどで乾燥させます。
涙の流れをスムーズにする為に目頭をマッサージしてあげる事で
涙がスムーズに鼻涙管に流れ排泄されます。
ローションがない場合は、お湯を含ませたコットンで拭いてあげると
きれいになります。最後に必ず水分を拭き取る事を忘れないように。

【*爪の手入れ*】


爪が伸びすぎると肉球に食い込んで痛いですし
指が開いて歩きにくくなります。
切る際は、爪の根元の血管が通ってる部分を切らないように
爪先から少しずつ切ります。
深爪をして出血した場合は止血剤で止血します。
止血剤がない場合は、消したばかりのマッチの軸を
患部に当てると止血します。

【*足裏の手入れ*】


足の裏の毛が伸びていると滑りやすく安全上悪いです。
爪の手入れをした時に余分の毛はカットします。
カットする場合は、先の丸いはさみを使うと安全です。
いつもパッドが見える状態にしましょう。
ニックネーム Ririy White Angel犬舎 at 11:59 | TrackBack(3) | ★ 手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする